fc2ブログ

リビング

 

 

 

壁付キッチンの、リビング側からです。

この写真は、Afterです(^-^)

 

beforeは、こちらです。

 

 

リビング壁

 


リビング学用品収納

 

我が家はずっと、出しっ放し収納。

ホコリや掃除のことなんて、考えもせず、

ただただ、優先してきたのは、

取り出しやすさ、しまいやすさ。

 

だから、キッチンツールや筆記用具類も、出しっ放し。

 

それが、ミニマリストのゆるりまいさんの著書に衝撃を受け、

キッチンのコンロまわりから、見直しを始めました。

(以前記事に書いています)

 

そして、安東英子先生の「お片付け完全マスター」に参加し、

「しまえるモノはしまう」というルールを教わり、

それが、本当に美しい空間になる!と学び、

ただいま、実践中です(^-^)

 

まずは、こちらの文房具類を、ヤマト工芸の引き出しにしまうことに。

 

 

文房具整理

 

以前整理しましたが、やっぱり、出すとペン類が増えてる!

種類ごとに分けました。

 

 

文房具整理

 

必要なモノと、処分するモノ、移動するモノが。

こちらは、子ども達のそれぞれのスペースに移動。

 

 

文房具整理

 

 

そして、必要なモノのみ、この引き出しへ。

(えんぴつなどのストック収納)

 

 

ヤマト工芸

 

 

 

この引き出しの真ん中には、学校や地区、職場の連絡網を収納しています。

 

 

 

ヤマト工芸


 

ビンの中の、クリップや消しゴムは、別の引き出しへ。

そして、下段には、これからあるモノを収納します。

次回書きますね!

 

 

よろしければ、押していただけると嬉しいです。

嬉しい気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

掃除・片付け ブログランキングへ

読んでくださり本当にありごとうございます。


にほんブログ村


 

 

2016.06.18 Sat l 安東先生流をめざして実践 l コメント (0) l top

無印引き出し

 

 

 

こんにちは(^-^)

今週はハードな一週間で、昨日がやっと金曜日。

職場のお別れ会で、みんなで楽しく夜更かししました。

 

今日は、朝からいろいろ片付けたのですが、

まずは、以前の続きを。

 

脱衣所収納の見直しです(^-^)

今回は、その中の、子ども達のハンカチ類収納について。

 

以前の脱衣所収納です。

真ん中の段の、無印引き出し&小さめのカゴ2つに、

子ども達のハンカチ類を収納していました。

 

 

脱衣所収納

 

 

 

小6長男の無印引き出し。

 

 


こうハンカチ収納

 

この中身を、全部出し、

見直しもしてから、子ども部屋のクローゼットの引き出しへ移動。

 

 

こうクローゼット

 

一番上の引き出しの中の、右側へ。

 

こうハンカチ引き出し

 

 

 

次女の分も、同じように、和室の次女スペースの、

引き出しの中へ移動。

 

 

りり用品収納

りりハンカチ収納

 

奧のモノは、給食で毎日使う、ランチマット。

以前は、中学生だった長女も、給食で必要だったので、

2人で共用してました。

高校生になった長女はお弁当になり、必要ないので、

次女用として、ここへ。

 

そして、空になったケースに、

 

 

無印小物ケース

 

 

長女用のハンドタオル類を収納し、脱衣所がこうなりました。

ホワイトグレーの引き出しと並べると、

色や形の差が、ちょっと、だいぶ!?気になりますが。(右端の段差も)

 

 

脱衣所After

 

 

こうして見直してみると、

真ん中の段の、長男のスイミングスクールセットの収納は、

子ども部屋へ移動ですね~( ̄^ ̄)ゞ

このカゴは必要なくなるかも。

 

この見直しで、子どものモノ(長女以外)を、

すべて、子どもスペースへ持って行くことができました。


夕食後、子ども達が洗濯物をたたみ → 脱衣所(ハンカチ類)と自分の部屋(衣類)に持って行く

という作業が、

自分の部屋のみになったので、仕舞う作業もラクになりました。

 

以前、下着類を置いていたときは、

下着、衣類、ハンカチ類、すべて脱衣所のカゴに入っていて、

(たぶん面倒だから投げ込んでいた)

この状態でした!!

 

 

脱衣所カゴ

 

当たり前ですけど、1カ所に置き場を作るって、大事ですね。

 

 

よろしければ、押していただけると嬉しいです。

嬉しい気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

掃除・片付け ブログランキングへ

読んでくださり本当にありごとうございます。


にほんブログ村

 

2016.06.18 Sat l 安東先生流をめざして実践 l コメント (0) l top