fc2ブログ

りり付録

 

 

今時の子ども雑誌には、たっぷり付録が付いてきて、びっくりします!

コロコロコミックでさえ、カード類の付録が。

上の写真は、次女に買った雑誌「キャラぱふぇ」の付録です。

 

我が家は、ふつうの家庭なので、

 

子どもには、最善を尽くし教育に配慮した、いいモノだけを与えているわけでもなく、

こだわり抜いたインテリアで、素敵に暮らすわけでもなく、

 

そこらへんに、ゴロゴロ雑誌が転がってます。

セットで付いてくる付録も、もちろんたくさん!

 

でも、私は、積極的に受け入れたいわけではない!

でも、子ども達は、すごく喜んで、楽しみで仕方ない!

 

これに、いかに折り合いをつけるか、が課題。

みなさんのご家庭では、どうされてますか!?

 

そこで、我が家の対処法をご紹介します^^

 

①買う回数を減らす。月1は多い(金額も含めて)ので、

 学期1回に。(年3回)

 

②鑑賞期限を設ける。旬を楽しみ、循環させるというルールで。

 雑誌本体の場合は、1年間。

 付録は、1ヶ月を過ぎたら様子を見ながら、

 要る・要らないを判断させます。

 

③買ってきたら、まず処分!付録が入っているビニール袋、

 要らないパンフレットなど。(右側のどうぶつの森など)

 

 この付録は、本誌にくっついているシールやノート。これは助かる!

 

 

りり付録

 

そして、処分が終わったら、紙付録の切り取り。

 

今回は、おそ松サンの押し相撲でした。

切り抜いた台紙は、即ごみ箱へ。

 

 

りり付録

 

こまごました人型の紙は、

すみっこぐらしのポーチが入っていたダンボール(左)にすべて入れておきます。

 

それらの収納場所は、和室の次女スペース。

 

 

りり収納

 

 

雑誌は、左のニトリA4 カラーボックス下の段、

仕切りとして使っている、無印ファイルボックスに。

 

そして、ダンボールは、右側の無印ppケースの上に置きます。

すみっこぐらしポーチは、おもちゃ箱の中に。

 

収納する場所が決まっていると、スムーズですよね。

見直しは必要ですけどね~(´・_・`)

 

自分で、それぞれしまったようでした^^

 

前回買った雑誌付録も生き残ってます。(右下)

1ヶ月は過ぎてますが、要る!!とのことで^^ 

 

 
りり部屋

 

上手につきあえたらと思ってます^^

 

読んでくださって、ありがとうございます!

ランキングに参加中です。押していただけると嬉しいです^^




にほんブログ村

 

 

2016.12.16 Fri l 子ども収納 l コメント (0) l top