fc2ブログ


 

中学校の教員です。


昨日は学校行事の中で、最大のハレの日卒業式でした。

 

この日、すばらしい姿で送り出すために3年間があるといってもいいくらい、

大事な式典です。

 


これまでに、本当に困難や大変なことはたくさんありました。


ひとつ乗り越えたと思ったらまた逆戻りなんてことは、日常茶飯事。

 

でも最後の式で、心身ともに成長した姿や、感謝感動の涙、

すばらしい態度で臨む姿に、3年間分の思いも込み上げてきます。

 

学校学年職員チーム一丸となってがんばってきてよかった!

と思える瞬間です。

 


もちろん保護者の方の協力や地域の方、

たくさんの方の支えがあったからこそです。

 

式の会場にいる方々は、自分を支えてくれた方々だと気づきます。

その方々に感謝の気持ちを持てるのが式です。

 


 

そして、今回記事に書きたかったこと。

もうひとつの卒業式。

 


それは、事情で式に出席できなかった生徒達の卒業式です。

本当は全員式に出て欲しい!

式が無理なら式後の学級での学活に出て欲しい!

それも無理なら、午後からの卒業式に。

 

生徒数名、
他の生徒達が帰った後、校長室で行います。

 


校長、学年職員らで同じように証書授与をします。

緊張感のある中で、

以前「別にこれからのこともどうでもいい。」
と言っていた女子生徒も、

お祝いの拍手に涙が。

 


みんなで見守る中、

答辞として全員今後の目標を一生懸命考えて、発表して終了しました。

 

発表して満足している表情に、

たどたどしくても、自分の言葉で言えたことが、

次への力になっていくはずだと思いました。

 


 

この節目があるのとないのとでは、大きく違うと思いたい。


ほんの一瞬の出来事でも、

みんなあなた達のことが大事なんだと思っていることが伝わっていてほしいです。

 

一緒に過ごすのが当たり前でしたが、
やっぱり期間限定でした。

これまでどれだけのことができたかなと思います。

必死だったけど😅

 

これからも、今を大事にすること!がんばります!

 


読んでくださって、ありがとうございます!

よろしければ、ワンクリックの応援お願いします!

 

 

 

2017.03.17 Fri l 気持ち、考え l コメント (1) l top