fc2ブログ


 

キッチンから見たリビング。

工夫というか、
もう、リビングに洗濯物干し室を作っちゃった‼︎

という我が家です。

 


奥に見える引き戸を開けると、

 



 

2畳ほどの洗濯干しスペースです。

共働きの我が家は、
この間取りのおかげで、

なんとか育児、家事を回せてきたと言っても過言ではありません!

 


梅雨時期だけでなく、オールシーズンここ!


夜洗濯で除湿機を一晩中かけて、

朝乾いた状態になる、という毎日。

 



 

壁に物干しの支えを取り付け、ずっとこの状態。

ホコリがー💦

 

扉をつけることで、スッキリを保とうとしたんです。


すりガラスですが、洗濯物はボヤッと映ります💦

 

 


なので、扉の内側にカーテンレールを付け、

リネンカーテンでごまかす、という仕組み。

 

そして、もう1つのこだわりは、

 



 

洗濯物干し室のロールスクリーンの奥を、

 



 

クローゼットにしていることです。

ハンガーにかかった服は、

そのまま奥に持って行って、掛けるだけ。


ラクちんです♪


 

干す時も、テレビを見ながら^^


洗濯畳みは、一気にみんなでリビングで。


その後、それぞれ自分の場所へ持っていく、というスタイルです。


ただ、誰かが置きっ放しの時もあります…


 

一般的には、


リビングに洗濯物干しスペースなんて、タブーですよね。


でも、お客さんより、ここで暮らす私たちを優先して。


思い切ってその間取りにして、本当に満足してます。


 

アパート時代、


子どもはまだ小さい、


主人は仕事で帰りは遅く、

休日も部活三昧でほぼあてにできない、


実家もそれぞれ遠い。


仕事も責任持ってこなさなくちゃ!


 

そんな中、必死でやってきて、


どうしたら少しでもラクできる⁉︎


どうしたらひとりでも家事を回せる⁉︎


 

と、考えに考えて間取りを自分で作りました。


 

その頃まだ「寝室にクローゼット」が普通でしたが、


絶対ないでしょ‼︎


と、我が家の生活に合ってないものは、却下!


 

そして、「玄関入ってすぐキッチン」を実現させ、

(その頃、抱っこしながら重い米や食材を運んでたので)


 

この「リビングに洗濯物干し室」も、


絶対作る!と決めてました。


 

苦しみがラクを生む⁉︎という感じですね^^


子どもが大きくなった今も、


断然ラクなこの間取りで、よかった~と思ってます!

 

ブログは実用性を、

Instagramは、

心が軽くなる画面をめざしてます♪ yukicham205

読んでくださって、ありがとうございます!

よろしければ、ワンクリックの応援お願いします!



2018.06.20 Wed l 間取り・動線 l コメント (0) l top