fc2ブログ


 

正直、アルカリ性の掃除グッズって、

どれをどんな汚れに使うのがベスト⁉︎

 


と、ちょっと混乱していたので、
いろいろ調べてみると、

以前の記事に書きましたが、

アルカリ性のpHの違いが、汚れの落ち具合にも関係していることが分かりました。

 

画像をお借りして、過炭酸ナトリウムを追加しました。

アルカリ性のpHが大きいほど、洗浄力もupするようです。

 

1番高いのが、アルカリ電解水。


確かに、油汚れスルッと落ちます!

 

ただ、洗濯には使えない。


そして、コストがかかる!

 



 

無印アルカリ電解水クリーナーは、400mlで490円。


セスキだと、粉で500gで300円くらい。

 


セスキ水にするのに、500mlに15g使用するので、

断然お得!

 

そこで我が家では、
セスキのスプレーを襟汚れの毎日の洗濯用に。

皮脂汚れなど、タンパク質を分解するのが得意なセスキなので。

 


Before

 



 

ひどすぎ!これ、洗濯出さずに放置してたはずーー‼︎

石鹸で洗い、

 



 

セスキスプレーして、1時間置いてから、洗濯機へ。

 


after

 



 

また、キッチンの換気扇掃除に、

大量に使っても惜しくないセスキを使ってます。

 


アルカリ電解水は、pHが高く洗浄だけでなく、

除菌もできるようなので、
水筒洗いに最適!と思いました。

 



 

シュッと吹きかけ、数分置いてからゴシゴシ洗い、流すとスッキリ!

 


 

水筒だけでなく、カップの茶渋もスルッととれました!

 

そして、中間の酸素系漂白剤の、
過炭酸ナトリウムは、

主に洗濯槽の洗浄用。

 


熱湯で力を発揮するので、

たまにの衣類などの漂白に使おうと思います!

 

ナチュラルクリー二ングは、臭いもなく、安全安心が嬉しいところ。

そして、汚れもスッキリするので、効果的な使い方を研究したいと思います!

 

ブログは実用性を、

Instagramは、

心が軽くなる画面をめざしてます♪ yukicham205

読んでくださって、ありがとうございます!

よろしければ、ワンクリックの応援お願いします!

2018.06.21 Thu l 掃除 l コメント (0) l top