fc2ブログ


掃除、なるべくやりたくない私。
でも、汚い部分を見るのはイヤ。
部屋の掃除はもちろんですが、収納グッズにもお手入れが必要!
以前記事に書いたことがありますが、


引き出しでもこんな汚れが溜まってしまいます!(うちがヒドいだけかもしれませんが…)
我が家の経験から、オープンのカゴや網目のバスケットタイプは、さらにホコリが凄いことに‼︎
これが掃除するのが、
もう、本当に面倒くさい‼︎
見ないフリすれば気にならないかもしれませんが。
ということで、なるべくラクに収納グッズの掃除が済むように考えてます。
そこで、掃除がラクになるポイント3つ!
① カゴや布ではなく、断然プラ製。
② 凸凹のないシンプルな形。
③ フタ付き。
サッと一拭き!できれいになるポイントです。
① プラ製は劣化に強いと思います。布は長年使うとシミができるし、カゴはモノによってはカビることも。


昨日、トイレットペーパーのことについて記事に書いたときの写真。
左側のカゴの網目にホコリがーー‼︎
そして、我が家の布製収納。


このシミの正体って、なんなんでしょう…
② デコボコがないと、ホコリをサッと一拭きできれいにできますよね。


このケース、「洗剤入れ」というだけあって深さがあって収納力バツグン!
四角のシンプルな形です。
③ フタ付きだと、ホコリが侵入しにくい。


トイレの排水口掃除のための錠剤と、トイレ掃除、「シャット」のストックを入れます。
そろそろ買わないともうあと2個しかない!
ということで、我が家のトイレ掃除収納として、


横向きに置きました。
パカっと開けるフタなので、作業する少しの時間に開けっぱなしにもしておけます。
ズボラな私が使いこなせないのは、フタを上からかぶせるタイプ。積み重ねできるのがウリだそうです。
外したフタを置くのも面倒で、
しかも、重ねると上のケースをどけないといけないのが、面倒な私です。

ティッシュの直置きが気になりますが…
とりあえず、トイレットペーパーがどうなるかまだ分からないので、しばらくはこのまま置いておこうと思います。

ブログは実用性を、
Instagramは、
心が軽くなる画面をめざしてます♪ yukicham205
読んでくださって、ありがとうございます!

よろしければ、ワンクリックの応援お願いします!


2020.03.09 Mon l 100均グッズ l コメント (0) l top


いきなりごめんなさい。
中3長男のbeforeです。(あまりにもヒドいクローゼットで、私がぜーんぶ服を出した後の写真。)
「片付け上手」なんて書きましたが、
この定義は、
「いざとなったら、自分で自動的に片付けることができる!」
とします。
いつもきれいに、キチンと片付いている、
本当の片付け上手、ではなくて。お恥ずかしいです。
最初にafterを。


いらないモノがこんなに。


では、ポイント3つ!
① プラスの経験
② 負荷をかける
③ 準備物
です。
①のプラスの経験とは、片付けたあとに待っている、「きれいで使いやすいーー気持ちいい!」と思える経験のこと。
これは、小さいうちから繰り返し一緒に片付けて、「片付けると気持ちいいなー」と、洗脳しておくに限ります。
だんだんと自分でできるようになりますが、
思春期だけは✖︎
まっったくしなくなります。
ちょっと皆さん、以前私が片付けた写真、見てください。


手前に引き出しを出し、この前に服を出さないように工夫したのに…
結局この後ろスペースや周りに脱ぎ捨てられていたんですよ‼︎


この奥にもぎーーっしりと。
このときは、
「おおーー!きれいやん!ありがとーー」
と言ってましたが、甘やかしたらいかん‼︎
片付けの優先順位なんて、最下位ですからね…
ということで、②へと続くのですが、
② の負荷をかける‼︎
とにかく、条件を出して強制的に片付けをさせる‼︎
「部屋が保てないなら、お小遣いを渡すのを遅らせる」とか、
「こんなに服を大切にできないなら、捨てる!」とか、
結構マイナスな言い方です。
でも、親子の間なのでよし!としてます。
そして、これまでの経験から、やり出せば自分で自動的にできるので。
今回私の介入は一切なし!



チラッと覗くと、掃除機かけてた。
③は、準備物。
ゴミ袋だったり、掃除機だったり、洗濯洗剤などなど、どこにあるか分かっていて、自分でそれが使えるようになっていること。
モノの住所が家族間で分かっていると、それぞれが勝手にそれを取りに行けます。
お母さんだからって、すべて取り仕切る必要はないですよね。
洗濯もするようです。


こんなに洗濯に出さずに脱ぎっぱなしだったのか‼︎本当にヒドい‼︎


干すのはすこーしだけ手伝ってあげました^^
まあ、こちら側の要求を低ーく設定すると、
「自分でできるから、ま、いっか。」
と思えますが、
だったら普段からちゃんとしろよ‼︎
とも思ってしまいますね~。




ブログは実用性を、
Instagramは、
心が軽くなる画面をめざしてます♪ yukicham205
読んでくださって、ありがとうございます!

よろしければ、ワンクリックの応援お願いします!


2020.03.09 Mon l 子ども収納 l コメント (0) l top